ろんじえぱぱ 日常力~我がままに~

発達障害児の育児をきっかけに哲学、禅、科学的根拠を取り入れ、日常を磨き自己能力を最大化するブログを発信している40代

自分の図解化 その2

自分 図解化

自分 図解化

こんにちは!ろんじえぱぱです!

 

前回は”樹”は木の幹が他人が認識できるその人自身であることを説明しました。今回はその人を作り上げる他人が見えない大切な部分を紹介したいと思います。

 

【土】

樹にとって土壌が豊かなほど育成に大きな影響を与えます。私はその”土”を食事と考えています。食事は体のダイエット等のみならず、精神の安定や免疫力が上がり、病気にかかりにくくなるなど、ほんとうにほんとうに大切な要素です。

 

"You are what you eat" (あなたはあなたの食べたもので決まる)という英語の名言があるようにまさに環境の根幹をなす部分になります。私も食事を変え、気持ちのブレが少なくなりましたし、風邪などもほとんどひかなくなりました!

 

【肥料】

本や名言、人々からの助言、琴線に触れる言葉。人生を通して新たな気づきを発見できたなら、それは全て自身の樹を豊かにする肥やしになります。

 

また知識の集合体である葉で実った行動の”実”は、その体験を通して熟成し、やがてまた地面に落ちて”樹”の根に吸収されます。言い換えれば、それは体験を通して得たその人だけの知恵であり、そのプロセスを増やせば増やすほど幹はより丈夫で強靭になっていきます。

 

【根】

食事法を改善することにより、気持ちに安定が生まれ、加えて読書やさまざまな行動の結果、知恵が蓄積していくと、豊かな土壌の上で木幹を作りあげる心のプラットフォームができあがります。すなわち自身の信念や哲学です。

 

幹の部分はとかく激しい天気の影響を受け、その時の感情に振り回されたりして、非常に傷つきやすい部分です。それに対して根は他人には見えない、その人の思考の源泉になります。つまり根がしっかりしていればいるほど、環境の変化に強く、長期的に安定したパフォーマンスを維持できると考えます。

 

”根”という思考の軸がないと、自身の人生を測る”ものさし”をもってないことになり、結果、日々のイベントにより生じる感情に振り回され、何が正しく、正しくないのかの基準をいわゆる”世間”の常識に照らし合わせて考えるようになります。

 

これが現代の私たちがおちいっている非常にゆゆしき問題であり、自身に焦点を当てず、周りの考え(仕事の同僚やママ友など所属しているグループ、TVやSNSで拡散される”世間”の常識をよく考えぬまま信用し、いつの間にかそれが自分の考えのように感じるようになります。

 

言い換えれば、世間の色に染まっている状態になっているため、その常識が自身の考えとある程度一致していれば、問題ないですが、いつしか対立する時は自分を傷つけ、苦しめる原因になります。

 

以上、私自身を”樹”に見立てて解説しました。

 

【成長の追求】

私がこのブログを立ち上げた理由はこの”根”である心のあり方を見つめなおし、自身の成長を追求することを最上の人生の喜びととらえたからです。

 

心が解放され、自身に対して誠実になることにより、より自身と向き合うようになりました。常に自分は何を考えているのかをとらえ、それをより良き方向に舵を切り、成長を喜ぶことができるようになります。

 

このブログも私の人生では初めてですが、私の心とよく相談の上、心が”やりたい!”とずっと言っていたので、試行錯誤ですが始めています。ブログのタイトル”我がまま”はそのような意味を込めて名付けました。

  初めての経験でこれほど長い文章を書いていますので、多少解りずらいところもあるかもしれませんが、今後ともどうぞよろしくお願いします!


ろんじえぱぱ