ろんじえぱぱ 日常力~我がままに~

発達障害児の育児をきっかけに哲学、禅、科学的根拠を取り入れ、日常を磨き自己能力を最大化するブログを発信している40代

低気圧や梅雨の体調不良の解決法

低気圧 梅雨 体調不良 解決法

低気圧 梅雨 体調不良 解決法


こんにちは!ろんじえぱぱです!

 

梅雨真っ只中ですね。雨模様の天気が続くとどうしても気分がふさぎ込みやすくなります。仕事にならともかく、休日でさえもあまり気分が冴えるません。何とかできないかと思い、自分なりに解決法を探って試してみました。 

 

 

梅雨や低気圧による体調不良のわけ

自律神経とは?

私たちの体はあらゆるホルモンを分泌し、循環器、消火器、呼吸器全般に影響を及ぼす自律神経と切っても切り離せない関係にあります。

 

自律神経は二つあり、主に昼に活動を活発化させる『交感神経』と夜の睡眠時にリラックス効果を促進する『副交感神経』の二種類があります。

 

私たちが怒ったり、興奮した時は交感神経が優勢になり、ゆっくり休息や心が落ち着く時は副交感神経が優位を占めている状態です。

 

自律神経が綿密にバランスを取りながら各ホルモンを分泌して、結果私たちの感情や体調に影響を与えるしくみになっています。

自律神経の乱れ 

『自律神経は感情のアクセルとブレーキ』と言われるほど重要で、アクセルが強すぎれば、感情が暴走して自暴自棄になったり、人や物に危害を加えるおそれもあります。

 

私たちは仕事や家庭、ネットなどで常に潜在的なストレスにさらされ、どうしても常に交感神経が優先される状況におかれています。

 

ブレーキである副交感神経を優位にするバランス調整がないと簡単に精神的に疲労し、イライラ、ぐったり、うつ気味になったり様々な悪影響を及ぼします。

気圧の変化による自律神経への影響

天気の変化による体調不良は『気象病』と呼ばれ、今や1,000万人以上が悩んでいると推計されるほどメジャーな病気になってます。肩こりや関節痛、頭痛などを併発する人もいるようで、原因は主に2つあります。

上昇気流による酸素不足

梅雨前線や台風などの低気圧は上昇気流が起きていて雨を降らせる雲を発生させています。この上昇気流で地上の酸素が吸い上げられるため、私たちの周りの酸素濃度が低くなります。

 

酸素濃度が低くなると副交感神経が優位を占めるようになり、昼の活動時にも体がリラックス状態になり、結果として気分がのらずやる気がでない状態になりがちです。

内耳センサーの過剰反応

 耳の鼓膜の内側には気圧の変化を感じて体を順応させる『内耳(ないじ)』と呼ばれるセンサーがあります。

 

このセンサーで気圧を感知し各自律神経に伝えてバランス調整を行うのですが、急な気圧変化でこの内耳がついていけず過剰に反応しまい自律神経のバランスが乱れてしまう要因になります。

即効性のある自律神経回復法

 耳マッサージ

内耳の血流を良くすることで過剰な反応を抑え、自律神経のバランス調整を促します。

  • 耳を手のひらで包み上下左右にぐるぐる回転させ15秒ほどマッサージします。
  • 耳たぶを親指と曲げた人差し指で挟み込み、親指で耳たぶのあちこちをひっぱったりして15秒ほどマッサージします。

耳はツボの宝庫といわれます。耳マッサージで体全体の血流を良くすることによって、肩こりや目の疲れにも効果があるだけでなく、内耳への刺激で自律神経も整いますので、ぜひお試しください!

深呼吸 

低気圧によって酸素濃度が下がり、自律神経の乱れをもたらします。深呼吸をすることによって酸素を多く取り入れ酸素濃度を上げます。

 

また、自律神経は常に自動運転で直接関与することができませんが、ゆっくりした呼吸によってのみ、間接的に自律神経のバランスをと問えることができるようになります。

  • 横隔膜が上がるのを意識して鼻から息を4秒間吸います。
  • 横隔膜が下がるのを意識して口から息を8秒間吐きます。

秒数はあくまでも目安なので、自分自身に合う秒数で調節してください。過去のブログもありますので参考にして下さい。

www.longjiepapa.com

 良質な睡眠

 睡眠不足は自律神経の大敵です!特に梅雨などの気象が変わりやすい季節では睡眠不足が、より深刻なメンタルダメージを引き起こす可能性があります。過去のブログに即効性がある回復法を載せてますので参考にして下さい。 

www.longjiepapa.com  

www.longjiepapa.com www.longjiepapa.com 

まとめ

私たちは知らず知らず天候に伴う気圧の変化を受けて、精神のバランスに影響を受けています。これまで理由もなく気分がふさぎ込んだりしていましたが、原因が分かれば、私たちができる範囲で改善が可能です。

 

私も上記の方法を日々試すうちに体調の改善し、気分が安定するようになってきました。深呼吸などのやり方は非常に簡単なのですけれど、重要なのは気分が落ちていることに気づけるかどうかです!

 

体験上、いつの間にか気分がダウンしている時もあったので、常に自分の状態を意識して『呼吸を意識する』ことが大切になります。

 

適切な対処法を身につけてこの憂鬱な時期を乗り切っていきましょう!

 私のブログから何か少しでも皆さんの考えの一助になれば幸いです。お読みいただきありがとうございました。


ろんじえぱぱ