ろんじえぱぱ 日常力~我がままに~

発達障害児の育児をきっかけに哲学、禅、科学的根拠を取り入れ、日常を磨き自己能力を最大化するブログを発信している40代

冷水シャワーが健康にもたらす5つの効果

冷水 シャワー健康 効果

冷水 シャワー健康 効果


こんにちは!ろんじえぱぱです!

 

今日は仕事が休みで夕食の準備をこなしてから、ブログを書き始めています。妻は現在ネイリストになるべく日々学校に通う毎日で、最近ではお互いが休みの日は少なくなってしまいました。

 

お互い自らの目標に向かって進んでいくことはとても素晴らしいことであり、私もそんな妻を横目で見ながら、良い刺激をもらっています。お互い前向きな姿勢ってホントに家庭が明るくなるし、娘もそんなわたしたち二人の姿を見て、言葉でうまく伝わらずとも、少しでも良い成長志向性をかんじてくれればと願っています。

 

さて、夏も近づいてきました。梅雨で天候や気温がコロコロ変わるので、体調を崩し気味になりますよね。今日はそんなあなたの体全体を強化するちょっとした方法をご紹介します。

 

冷水シャワーを当てる理由

冷水シャワーって聞いたことがあるでしょうか?

 

「なんでわざわざ気持ちよくシャワー浴びたのにそのあとに冷水浴びなきゃなんないの?」との思うでしょうが、よくスーパー銭湯でサウナのあとに水風呂に入る光景を見たりしたことがありますよね。

 

横で見ていると何とも心臓マヒ起こすような感じでとても健康に悪そうな感じですが、実は『温冷交代浴』と呼ばれ、体のさまざまな機能を強化することが実証されています。

 

なんでこんな不健康そうなことが実は体に有効なことなのか?秘密のカギは細胞。私たちの体を構成する細胞を活性化させる『ミトコンドリア』にあります。

 ミトコンドリアの力

<h43ミトコンドリアのエネルギーはどこから?

よく脳は人が生み出すエネルギーの約20%を使うといわれています。「ほぉ~あんな小さな器官が20%も使うのか!どおりで人間の知能が高いわけだ!」という会話で大体終わるのですが、そのエネルギーは一体どこで作られるのでしょうか。答えは私たちの体全体を構成する『細胞』で、その中にあるミトコンドリアという細胞器官です。

 

ミトコンドリアは細胞の発電所とも呼ばれ、酸素を取り込み『ATP』と呼ばれるエネルギーを発生させる細胞器官で、体内には一千兆を超えるミトコンドリアがあると言われています。

 

人のエネルギーは腸で作られるエネルギーとこのミトコンドリアのエネルギーの2つで支えられているため、各細胞のミトコンドリアを活性化させることはまさしく全身を細胞レベルで強化するに等しいことになるのです。

 

日々の生活の中で手っ取り早くミトコンドリアを刺激し、強化できる方法として『冷水シャワー』は日常生活にぜひ取り入れたいルーティンのひとつです!

 冷水シャワーの効果

新陳代謝の促進

冷水シャワーで体中のミトコンドリアを刺激させ、全身の細胞レベルでエネルギー放出を活性化させれば、当然、体全体で活動量が高まり、さまざまな効果が生み出されます。

免疫力を高める

各細胞がエネルギーをより多く供給できるようになれば、各臓器の働きも活発化します。当然、風邪を含め様々の病原菌に対する抵抗力がつき、病気にかかりにくくなり、健康状態を維持しやすくなります。

血管の強化、アンチエイジング

冷水シャワーはミトコンドリアのみならず、血管にもいい影響を与えます。

 体があったかい状態から急に冷たくなると血管がキューっと締め付けられますよね。この伸縮が血管を鍛えより柔軟にしていきます。冷水で血管ポンプをギューっと縮めて、温めたら、一気に縮んだ血管を解放します。このように血管のストレッチを繰り返すことによって血管の伸び縮みがスムーズになり、血管に弾力性が出てくるようになれば当然肌はスベスベになっていきます。

自律神経とメンタル強化

冷水シャワーは自律神経のストレッチも可能です。冷水シャワーを浴びると徐々に体が冷たくなっていって、「ひいい~」っと悲鳴を上げ始めると同時に体内の緊張や興奮時に現れる交感神経が活発化されます。なんとか我慢してシャワーと止めると、あ~ら不思議、体が一転ぽかぽかして安心感が出てきます。

 

その時に刺激されるのがリラックスモードを促進する副交感神経です。このように自律神経を意図的にコントロールすることによって自律神経のバランスを整えるストレッチの役目も果たします。私たちのメンタルは主に自律神経のバランスに依存しているので、それを強化できればメンタルの安定にも一役かうことができます。

心と体の疲労回復

活動的な日中は交感神経が主流になっているため、冷水シャワーで自律神経がバランスを取り戻し副交感神経がより活発になると、ぐっすり眠れるようになり睡眠の質が上がることによってメンタルの回復がぐんと上がります!また、体も新陳代謝が活発化してるため、体の老廃物をよりすばやくデトックスし回復させることができます。

冷水シャワーの方法

やり方は非常に簡単なので、日々のシャワー習慣に組み入れましょう。

  1. いつもどおり暖かいシャワーを浴びます。
  2. いつものシャワーの最後に冷水シャワーをかけ始めます。
  3. 心臓から遠い部位(つま先➡足首➡ひざ➡太もも➡腰➡お腹➡胸➡顔、頭)から流していき、徐々に体を慣らしていきます。
  4. 冷水シャワーは最終的に体全体に30秒から1分間ほど当てれば効果が十分に見込まれます。

冷水のシャワーの温度はいつもの温度から低めでスタートし、(いつも40度前後なら目安25度から20度スタート)決して無理をしないようにして下さい。毎日繰り返せば体が温度に順応していきますので、心地よさを感じながら水温を少しずつ下げて適温を見つけていきましょう。

 

まとめ

 こんなに簡単で効果が上がる方法なんて今まで知りませんでした。これまではサウナ後の水風呂を見ては絶対心臓に悪いと思って避けていましたが、この事実を知ってからは少しづつ毎日のお風呂場の習慣に組み入れています。

 

シャワーが終わると体がシャキッとしてやがて体がぽかぽか温まってきます。同時に神経も冴えわたってきてお風呂あがりは集中力も上がった状態になります。その後、眠りにつくころにはいい疲労感がでて自然と眠くなり、あまり間をおかず、よりぐっすり眠れるようになりました。冷水で寒暖の差をつけることによって体がバランスを整え、整ったら睡眠の準備ができるようなイメージです。睡眠の質を高めるひとつのルーティンとして活用しています。

 

体にいいことを多く取り入れ実践し、習慣化することによって少しでも自分の能力を最大化できるよう毎日取り組んでいる例の一つです。みなさんもぜひお試しください!

 

私のブログから何か少しでも皆さんの考えの一助になれば幸いです。お読みいただきありがとうございました。


ろんじえぱぱ